2013年10月3日木曜日

第4回 全日本曲技飛行競技会



9月20日から9月22日まで、ふくしまスカイパークで第4回 全日本曲技飛行競技会http://acroclub.com/jnac/)が行われました。私は14日から現地入りし、参加する選手の方たちと事前訓練にご一緒しました。

2日間は台風で飛行できませんでしたが、他の日は順調な訓練が行えました。競技参加者の方々の技量が見る見るうちに上達していき、この分なら、3-4年後にはWAAC(World Advanced Aerobatic Championship)に、かなりの人数でTeam Japanを編成できるのではないかと思わされました。

そのときは、私も微力ながら選手として参加したいものです。



佐賀からやってきた、日本で唯一のSuper Decathlon。
台風が本州に接近する中の飛行は大変だったようです。



名古屋から飛来したPitts S-2B。
オーナーの飯島さんと小山さんも、悪天候を乗り切っての飛行でした。



小山さん、Intermediateの練習飛行へ。
赤とんぼと赤いPitts。どこでも仲良しです。



1つの練習飛行を終えて、また次の飛行へ。



今年はChief Judgeとして来日した、IAC Judgeの白鳥さん。
競技会前日はJudge Schoolも行いました。大役お疲れさまでした。




私は岩田選手と交代で、Extra 300LのSafety Pilotに上がります。
次の飛行は佐藤選手です。よい飛行を! 



最終日。Pitts S-2BでAdvancedのUnknownの飛行へ。
 
 
このEngine Startの直後、競技中止の決定がなされました。1番手の岩田選手は果敢にもUnknownの飛行を行いましたが、天候が不十分で、競技は取りやめとなりました。全Categoryの1日目と2日目の2回の飛行で最終結果となります。

私の結果は、Intermediateが1位、Advancedが2位。Advancedの優勝も狙っていましたが、小幡選手は強かったです。おめでとう!



表彰式の後、各Categoryの優勝者で、スパークリング日本酒でシャンパンファイト。



私はあっという間にボトルを取られ、集中攻撃を受けました。



どういうわけか、バケツを持って参加している芦田選手。
闘志の差が勝敗を握ります。参りました。



最後に記念写真。
緊張する私を笑わせる今原さん。
いつもありがとうございます。


2010年から数えて今年で4回目。去年はChief JudgeをFAI International Judgeの鐘尾みや子さんにお願いして、私はSafety Pilotを。今年はChief JudgeとJudge Schoolの講師をIAC Judgeの白鳥 洋平さんにお渡しして、競技者として参加しました。

今回、Advancedに参加するのは、ヨーロッパの競技会に参加して力を付けてきている小幡選手。そして2012年WAAC出場の岩田選手。Intermediateでも、参加者全員が練習飛行を何度も行っていて、全員が素晴らしい飛行をしていました。勝つためには一つの失敗も許されないような競技でした。

正直なところ、私は全日本曲技飛行競技会でChief Judgeを2年やってきて、勝手を知っているこの競技会で、あれほどまでに緊張するとは思いませんでした。これも、全日本曲技飛行競技会が、水準も規模も、競技会として名実共に立派なものになったということだと思います。

Judge TeamとSafetry Pilot。後任の方々が揃ったことで、もう私が日本に向かう必要もないことでしょう。一つの仕事を終えて、私は自身の本来のあり方に戻ります。

最後に競技者として参加することができ、こんなに嬉しいことはありません。4年間ありがとうございました。また会う日まで。


0 件のコメント: