2019年2月23日土曜日

REDFOX Airshows - 2018 Japan Tour 最終収支報告




REDFOX Airshows - 2018 Japan Tourを応援してくださった皆さま

大変ご無沙汰しております。

先日、岡山-CA州キングシティーの機体輸送費の請求書を受け取り、最終的な収支報告書を作成しました。こちらからご覧いただけます。


REDFOX Airshows - 2018 Japan Tour 収支報告書 (https://1drv.ms/b/s!Aio10GRFPyeWgYZuU6uKyXpvBV8Lnw


経費総額  3,898,510円
支援金総額 3,906,670円
差額           3,898円 (諸費用に充てさせていただきました)


2018年10月15日にお知らせした収支報告書(REDFOX Airshows - 2018 Japan Tour / 2018 能登キャンパス航空祭 3では、機材と人手の豊富なCA州レッドランズに機体を送ることを想定し、経費総額を4,056,940円と算定しました。しかし、機体の組立作業の手間やフェリーフライトのリスクを考えると、ベースであるキングシティーに送ることが望ましいです。少人数で作業が可能なようにローディングスロープとウィンチを用意し、結果的に経費を節約できました。


Pitts Special S-2Sがベースであるキングシティー空港に無事に到着し、最終報告を行い、これをもってREDFOX Airshows - 2018 Japan Tourは終了です。皆さまのたくさんの応援の声と、ご支援によって達成することができました。本当にありがとうございました。





機体をコンテナから引き出すウィンチ(WARN 2000)を用意しました。




愛車Civicを使ってロードテスト。パーキングブレーキがかかった状態にも関わらず、力強く引いていました。





母が作業の手伝いに来てくれました。機体尾部を載せる台車を作成しました。





完成!





1月9日。予定通りにコンテナが到着です。





積み込んだ時と同じように、全てが無事に到着しました。よかったです。





次の課題は、無事に全てを降ろすことです。





村田真子さん設計の「まこスロープ」組立て完了です。





台車に機体尾部を固定し・・・





準備完了。それでは、機体を引き出しましょう。





作業中断。台車の高さ不足で、機体中央のアンテナが当たってしまいます。機体下部のパネルを外します。





順調、順調・・・





無事に着陸です。





乱雑に置かれた各部品。まず整理から始めましょう。





おかえり、Pitts Special S-2S。



さて、REDFOX Airshows - 2018 Japan Tourを終えて早速ですが、REDFOX Airshows - 2020 Japan Tourを発表させていただきます。活動期間は2020年9月から11月。予定する参加イベントは4ヶ所。まだ調整段階ですので、詳細な情報につきましては、またいずれ・・・。まずは冬季整備を終えて、3月初旬の試験飛行を目指します。

2018年12月31日月曜日

謹賀新年 2019年 あけましておめでとうございます




新年あけましておめでとうございます

髙木 雄一 REDFOX Airshows
2019年 元旦



12月中旬に神戸港を出発した愛機Pitts Special S-2Sは、1月2日にオークランド港に到着予定です。通関を終えて、キングシティーに到着するのはいつごろでしょう。到着次第、冬季整備に入ります。






この冬の主な作業は、下側主翼のファブリック貼り換えです。1月中旬から2月下旬の約40日の間で全てを終えて、3月初日には試験飛行を行い、そして練習飛行を始めます。

まだ調整中ですが、3月23日(土)と24日(日)に、CA州サリナス空港で行われるCalifornia International Airshow Salinasに出場を目指します。週7日、12時間労働で、完了を目指します。

たった一人で、寒い格納庫で作業して、そんな私を支えてくれるのは皆さまからの応援です。2019年のUS国内の活動と、そして計画中のREDFOX Airshows - 202X Japan Tourを目指して、進み続けます。

これからもREDFOX Airshowsへの応援をどうぞよろしくお願いいたします。




〈YouTube〉 REDFOX Airshows - 2018 Kohnan Airport Festival (Quad View Version)

2018年11月24日土曜日

REDFOX Airshows - 2018 Japan Tour / 岡南飛行場祭り

岡南飛行場祭りまであと1週間。岡山市に帰ってきました。
暦は11月。秋の深まりを感じます。


 ※ 以下に掲載したクレジット付の写真は、撮影した方々に使用許可をいただきました。無断使用はご遠慮くださるようお願いします。




・・・ここなら大丈夫でしょうか。


飛行場祭りの翌日はPitts Special S-2Sの分解とコンテナへの詰め込み作業を行います。岡山航空様にはTraining Centerの格納庫を、岡南飛行場事務局様には敷地の使用許可をいただきました。ご協力に心から感謝します。




練習飛行と、飛行場祭り当日のパフォーマンスフライトに関する打ち合わせを終えて、翌日から練習飛行です。





翌日はまぶしいほどの青空になりました。
青い空と白い雲・・・ AZ州のセドナ飛行場を思い出します。





AZ州Sedona空港





翌日の岡南飛行場。やはりセドナです。





路面電車で岡山駅へ

鐘尾さんは今回のREDFOX Airshows - 2018 Japan Tourで、航空局との交渉や飛行許可の申請などをしてくださいました。FAIの曲技飛行競技審判でもあり、私の飛行のコーチングもしていただきます。





メーテル?





妹の陽子と曲技飛行仲間の佐藤晴美さん。お手伝いありがとう!





Whiskey Papa Competition Aerobatic TeamのExtra 300L
写真提供: Mako Murata様

パイロットの内海氏とチームメンバーの方々には、飛行場祭り参加交渉でたくさんの協力をいただきました。ありがとうございました。





11月18日 岡南飛行場祭り、始まりました。名古屋から小山氏のPitts S-2Bも飛来して、4機の曲技飛行機が揃いました。左から、Extra 300L、Pitts S-2S、Pitts S-2B、WACO YMF。壮観です。





<YouTube> 岡南飛行場祭り2018 REDFOX Airshows
パフォーマンスフライト

oa198gs様、すばらしい映像をありがとうございました。





飛行後はふれあいタイムでした。・・・少しマニアックな話になってしまいましたが。
写真提供: Mako Murata様





イエーイ!
夜はお食事会でした。お誘いありがとうございました。





翌日0800集合。おはようございます。これから飛行機の分解作業です。





主翼のBrace wireを 取り外す山田信弘さんと鐘尾みや子さん。





午前中ですが、おやつです。まこさんのお手製マフィン。おいしい。
写真提供: Mako Murata





職人バージョンのまこさん。すてき。





上下主翼のAileron部分をつなぐSlave Strutを外し・・・。
写真提供: Mako Murata様





上側主翼を外します。操縦訓練生の皆さま、お手伝いありがとうございました。
写真提供: Mako Murata



コンテナは15時ころ到着の予定でしたが、18時になってしまいました。暗闇の中、自動車のライトを使って作業します。



村田まこさんお手製の機体搬入用スロープ、「まこスロープ」。
写真提供: Mako Murata





電動ウィンチをコンテナ内に設置し、機体に接続。 
写真提供: Mako Murata様





では皆さん、用意はいいですか?
写真提供: Mako Murata





胴体部分が載りました!

「おおー、すごい!」 「やったー!」 夜の飛行場に歓声が響きました。 





胴体部分を載せる作業が一番の難関で、無事に終えて一安心です。
山田健太郎さん、山田信弘さん、高木両親、村田真子さん、平野千加子さん、お力ありがとうございました。 写真提供: Kentaro Yamada様





翌朝。作業続行です。主翼はラッピングして壁側に吊るします。





一休み。 





今日は平野千加子さんがお手伝いに来てくれました。 ちかちゃん、お休みなのにありがとう!





主な部品が全て収まりました。積み込みはほぼ完成です。





打ち上げその1です。お疲れさまでした。





下側主翼は床に固定する予定でしたが、確実な固定ができず、結局壁側に吊るすことにしました。





やったー。今度こそ完成です。





今日は山田健太郎さんも加わって、打ち上げその2です。岡山の楽しい10日でした。
写真提供: Kentaro Yamada様





コンテナの米国西海岸への到着予定は12月30日です。King Cityへの配達は1月上旬でしょうか。どうか無事に届きますように。



活動資金を提供してくださった皆さま。活動を応援してくださった皆さま。現地でTeam REDFOX Airshowsのメンバーとしてお手伝いしてくださった皆さま。活動に賛同してくださり、格納庫を無償提供してくださった日本航空学園様と岡山航空様。ご協力くださった能登空港管理事務所と岡南飛行場管理事務所の皆さま。

お陰さまで、REDFOX Airshows - 2018 Japan Tourを無事に活動を終えることができました。この場を借りまして、改めてお礼を申し上げます。

2018年11月6日火曜日

支援金経過報告 11月7日




REDFOX Airshows - 2018 Japan Tour 第2弾 岡南飛行場祭り
11月7日 支援金経過報告

   支援者数: 19名
   支援金総額: 285,000円
   目標金額: 574,601円

皆さま、ご支援ありがとうございました。



Q 離陸や着陸時に、ローパスや急上昇などをしてくれますか?

A リハーサルやパフォーマンスフライト以外では「通常飛行(注1)」を行います。プロフェッショナリズムに徹して活動します。どうぞご了承ください。



Q 滑走路脇で見ている方たちを楽しませることも、プロフェッショナルのあり方だと思いますが?

A 仮に、あなたの家の近所にプロレースドライバーが住んでいるとして、毎日全速力で路地を走り抜けていたらどうでしょう?一部のモータースポーツファンは大喜びでしょうが、公道であれば違法行為であるだけでなく、大多数の一般住民の方々には単なる迷惑行為、危険行為でしかありません。

来週からは練習飛行を始める予定です。岡南飛行場で活動されている方々の飛行環境と、周辺住民の皆さまの生活環境に影響を与えないよう心がけて飛行します。



注1: 航空機は移動を目的に用いられる乗り物とすれば、通常飛行とは、例えば旅客機に乗客として搭乗したときに経験する飛行です。離陸、上昇、巡航、下降、進入、着陸、これらが安全に、快適に、航空機に不要な負荷を与えずに行われる飛行が、通常飛行であると考えます。