2017年7月22日土曜日

MTB+BOBトレーラーとアドベンチャーツーリング



何かの拍子に、飛行訓練に来られた方と旅行の話になりました。

「いつか自転車で大陸横断をしてみたいんだ。でも、時間が取れなくて。」と私が言うと、「やりたいことがあるなら、できるときにやらなくちゃ駄目だよ。やりたいと思ったときにはできないんだ。」と諭されました。

全くその通りです。やりたいのなら、まだ体力が残っている間に、この数年でやってみるべきでしょう。でも、大陸横断の前に、まずはCA州縦断を試してみるべきでしょうか。今回はさらに近場で様子をみることにします。




昔はMTBで1日100 - 120㎞走ったものですが、今の私の体力でどのくらい走れるのか、想像もできません。仮に1日に80㎞走ると、3日あればサンタマリアまで行けるでしょうか。行先が決まりました。




自転車は1995年製のSpecialized Stumpjumper M2です。元々が競技用のため、荷台を取り付けるネジ穴部分などは一切ありません。ツーリングバイクが欲しいところですが、乗りなれたこの自転車で行きたいという希望から、自転車用トレーラー「BOB Trailer YAK」を購入しました。


BOB Trailer https://bobparts.com/




試乗中。調子がいいです。




チェーンの清掃、ブレーキの調整、ワイヤー部分に潤滑。一通り整備をしました。




テント、寝袋、スリーピングマット、食料、3Lの水の缶が2つ・・・。出発したら、途中に店は一つあるのみ、ちょっとしたアドベンチャーツーリングです。




橋を超えて出発です。




今日の目的地は78㎞先のレイク ナシミエントです。平均時速を15㎞/hとすると、6時間弱。休憩を入れて、日没前には着くことでしょう。




今日も最高気温が40℃+まで上がります。出発したときは15℃くらいだった気温も、分刻みで暑くなっていきます。




16㎞地点。上り坂です。前側の22Tをここまで多用するとは思いませんでした。荷物も重く限界です。押して登ります。




この坂は道中で一番急なところです。100m毎に止まって一息。暑い・・・。




熱風の中を走っていると、助けを呼ばれました。車のパンクだそうです。4人も車に乗っていて、一人も携帯電話を持っていないのですか?スペアタイヤは?近くに教会もあり、車も通っているのに、木陰でじっと何を待っていたのでしょうか。




38㎞地点。平地になって、距離を稼げるようになりましたが、予定からかなり遅れています。




41㎞地点、Lockwood Store。小さなロックウッドの町の、唯一のお店です。アイスクリームがおいしいです。




上り坂が増えてきました。今日中にレイク ナシミエントは無理そうです。手前のレイク サンアントニオに目的地を変更します。




パンクです。不思議なことに穴はリム側に空いていました。取り付け時に傷をつけたのでしょうか?複数回のパンクを覚悟していましたが、今回のツーリングでパンクはこの1回だけでした。強化チューブやパンク防止のインナーライナーなど、効果があったようです。




2日目朝。おはようございます。昨夜は倒れるようにテントに入りました。


昨日は72㎞走って、問題点がいくつか見つかりました。体力不足、荷物が重い、何より走行中の安定が悪く、何度も道を外れそうになりました。トレーラー部分の剛性不足か、重量配分か、工夫が必要です。




今回はサンタマリアは無理そうですが、せめてパソロブレスにまでは行ってみようと思います。距離は49㎞、昼には着くでしょう。




昨夜も今朝もたくさん食べて、元気になりました。




昨日で水の3L缶を1つ使いきりました。少しは軽くなったのではと期待しましたが、まだ重いです。ひたすら押して上ります。




右にレイク ナシミエントが見えてきました。昨日の体力では無理な距離でした。




押して上ります。・・・サイクリングのはずです。




3日目。パソロブレスの宿から出発です。




海まで行ってみたかったのですが、今回は諦めます。今日から3日かけて、家まで帰ります。今日の目的地はレイク ナシミエントです。




早速暑くなってきました。まだ30分も走っていませんが、木陰で 一休み。




ワイナリー横の小さなブドウ畑。




この先は急坂が待っています。一休み。


水や缶詰など、重いものをトレーラーの後部に載せたところ、安定性が少し改善したように感じます。大丈夫そうです。




山の上に小さなショッピングセンターがありました。昼食です。味噌汁がおいしい。




レイク ナシミエントのお土産が並んでいました。




昼過ぎにレイク ナシミエントのキャンプ場に到着。葉が少なく、木陰も暑いです。




陽が沈んで涼しくなりました。シャワーもあって快適です。おやすみなさい。




4日目。家まで83㎞。今夜は途中でキャンプをすると想定して進みます。




上空に雲が見えます。過ごしやすくなるでしょうか?




すごい地層。




天国に向かう道。




ところで、この自転車とトレーラーにはスタンドがありません。説明書には、トレーラーと自転車をくの字型に曲げて、立たせることができるとありましたが、荷物が重いと、再び真っ直ぐにすることが大変でした。解決策として、出発前に木の棒でスタンドを作りました。とても重宝しました。




パーキングブレーキです。野菜に付いてきた輪ゴムですが、便利です。木の棒のスタンドと組み合わせて活躍しました。




犬の木!




お店を発見!アイスクリームをください。




休みでした。砂漠で見つけたオアシスは蜃気楼でした。




気温41℃。走行中は風があるため、自転車は歩きに比べると楽と思いますが、それでも暑いです。日陰を見つける度に一休みをします。




ホロン到着。陸軍のフォートハンターリゲット基地の入り口です。計画ではこの辺りで一泊しようと思いましたが、家まであと32㎞。・・・走れるような気がします。




水の残りは1.5L。予想以上に消費しました。




陽が傾いて、涼しくなってきました。家まで行けそうです。




遠くにキングシティーの町が見えてきました。あと10㎞!




着きました!


・・・と安心していたら、危うく転びそうになりました。突然何かにぶつかったようですが、何が起きたのでしょうか?




排水口の網の寸法が足りておらず、この隙間に後輪がはまったようです。長距離用に、軽く、走行抵抗の少ない1.5inch幅のタイヤを選択しましたが、こんなアクシデントがあるとは。乗り心地もよく、砂地でも足を取られない、そしてこのようなアクシデントも避けられる(?)ように、次回は2.0inchの太いタイヤを選択しようと思います。






不完全な形で終わってしまった今回の簡易版アドベンチャーツーリングですが、学ぶことが多くありました。途中で1-2回野宿をする程度の荷物や装備でこの苦労。人間は誰かの助けを受けて生きていけるのだと、当たり前のことを改めて感じました。

CA州縦断はまだ難しそうですが、次回はサンフランシスコやサンタバーバラ、いずれはヨセミテ国立公園など、距離を延ばしてみたいと思います。

2017年7月14日金曜日

ようこそ、避暑地 King Cityへ



6月下旬。ここ西海岸は6月から7月が暑い時期のようです。今週は最高気温は40度Cを超える、暑い週になるそうです。



ようこそ、King Cityへ!


この暑いときに重なって申し訳ありませんが、AZ州からKさんんが曲技飛行訓練にいらっしゃいました。ただ、彼のお住まいのAZ州Phoenixは最高気温50度Cを記録していましたので、ここKing Cityは贅沢な避暑地と言えるでしょう。




Kさんは現役のAirline Pilotとして活躍しています。こうして、Professional Pilotの方とご一緒して、何らかのお役に立てることはとても光栄です。




久しぶりのVFRの飛行を楽しむKさん。




雨が最後に降ってから2か月が経ちました。土地はすっかり乾いていますが、まだ川には水が溢れています。この冬の雨は相当な雨量だったようです。




Nice smile!です。




おかえりなさい!




5日間、計10回の訓練飛行。その全てがMaxの0.8時間の飛行でした。




心地よい風が吹いています。 




今日のビールもおいしくなりそうですね。お疲れさまでした。




KさんによるPAREとは・・・上のようになりました。なるほど!





お話が楽しくて、つい座学が世間話になったりしました。毎日、長い時間お付き合いいただいて、本当に感謝しています。これからもどうぞ安全運航で。またお会いしましょう!