2018年2月13日火曜日

クラウドファンディング 近況報告

1月中に開始を予定していた、「REDFOX Airshows - 2018 Japan Tour」のクラウドファンディングによる支援金募集は、現在いくつかの問題に当たっています。計画が遅れていますことをお詫びします。

プロジェクトの発表において、「何々のイベントへの参加を予定」では難しく、参加と日時が決定しているイベントのみでプロジェクトを制作することが求められました。参加が確定している「日本航空学園能登キャンパス航空祭」のみで計画を再設定しました。

再計算した予想必要経費は 3,456,989円 。これには機体の米国カリフォルニア州-石川県輪島市能登空港間の往復の輸送費、機体使用料、能登空港着陸料、私と地上スタッフの交通費と滞在費など、必要な全額が含まれます。さらに、クラウドファンディング会社への支援金支払手数料の 777,442円 を含むと、希望する支援金の合計は 4,234,431円 です。

私と地上スタッフへの報酬はなしとする完全なボランティア活動ですが、さらに必要経費を下げるために、いくつか自己負担分を増やすなど、難しい判断もありました。でも、その努力の結果と、日本航空学園様による格納庫の無償提供というお力添えもあり、少しずつ理解されやすい金額に近付いたように思います。

日本での活動可能な期間は9月下旬から11月末というところです。その間に参加可能なイベントが決定したら、「ネクストコール」というシステムで追加支援を発表し、またはイベント開催者に出資をお願いするなど、可能な限りの参加を行います。イベントの開催地にもよりますが、1つのイベント追加に必要な追加費用は約40万円から60万円というところです。

ただ、このプロジェクトの発表時点では、1回のイベント参加での支援金募集となることには変わりありません。募集期間内で支援金が目標額に到達すれば成立。到達しなければ不成立、計画はキャンセルとなります。そもそもプロジェクトの発表が可能なのかも不透明で、まだまだ問題が数多くあります。

皆さまの笑顔に会えることを楽しみに、今は解決に向けて交渉を続けます。





さて、1月下旬から2月上旬まで、急庫UAE(アラブ首長国連邦)のアブダビへ、Red Bull Air Raceに参戦する室屋義秀選手率いるTeam Falkenの整備のお手伝いに向かいました。初戦のみの参加ですが、チームの一員としてがんばります。





サンフランシスコ空港-ドバイ空港はA380で16時間+でした。西海岸との時差は12時間。もう今が何日なのか、何時なのか判りません。





さらに日付が変わり、アブダビのホテルに着きました。





Red Bull Air Raceの特製チョコレート。おいしい。





バスタブ付き! しかし、お湯は40℃程度とぬるく、一度入っただけでした。





チームのユニフォームをいただきました。





では、空港へ出発!





レース機は空輸された後、トラックで格納庫まで運ばれてきました。





慎重に機材を運びます。





インタビューを受ける室屋さん。





常に満員のレッドブルドリンクの冷蔵庫。1日12時間労働には欠かせません。
ちなみに、Team Oracleの12時間勤務は単なる「Half Day」です。





レースアナリストのBenjamin曰く「すごく速い。いい仕上がりだ。」だそうです。楽しみ。





ホテルのレストランは食事がとても豪華でした。





おかわりです。おいしい。





レースに向かうKirby Chambliss選手。どうぞよい飛行を!





練習中から素晴らしい速さを見せたMike Goulian選手が優勝しました。おめでとうございます。





室屋選手は惜しくも2位でしたが、素晴らしい飛行でした。おめでとうございます。





12日間の滞在で久しぶりに外の景色を見ました。





搭乗です。UAE、いい思い出をありがとう。





A380だからでしょうか、日本の映画もいくつかありました。





「ねむり姫」。夢の中で夜空を飛ぶサイドカーがすてきです。





ホテルを出てから30時間。電車と汽車とバスを乗り継いで、キングシティーに到着しました。





Photo: Ⓒ Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

室屋選手とTeam Falkenの皆さま。改めて、初戦の2位の獲得おめでとうございます。今後のご活躍を楽しみにしております。


こうして、仲間の手助けができることは嬉しいことです。また連絡ください。

2018年1月6日土曜日

あけましておめでとうございます




クリスマス前に風邪をひいて、気が付けば、元旦を1週間も過ぎてしまいました。
遅れましたが・・・


新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。




そして、REDFOX Airshows – 2018 Japan Tourの更新情報です。

当初4月から11月までの7か月間、最大12か所の各地のイベント会場でパフォーマンスフライトを行う計画でしたが、残念なことにメインスポンサーが降板し、計画を大きく見直さなくてはならなくなりました。

今回は実現させることを第一に、期間を9月から11月末までと短縮、最大6か所で、最大12回のパフォーマンスフライトを行うことを目標にします。

資金はクラウドファンディングを通して、皆さまから寄付を募る形で行います。総額は800万円。これで米国-日本間の往復の機体輸送費や、機体維持管理費、全てのパフォーマンスフライト費用、そして私自身の滞在費用が用意できます。

1月中にクラウドファンディングを開始します。皆さまのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。



Pitts S-2Sは冬季整備を続けています。今年は上側主翼の羽布の張替作業が主な項目です。




220 MPHでのフルエルロンでのロール、160 MPHでのアクシデンタルなスナップロール(!)など、今年も激しい飛行にさらされましたが、各部に異常は見られません。




重量およそ180 LBS(約80 Kg)の上側主翼。それほど重い部品ではありませんが、取り扱いはいつも緊張します。




内部にはまだ溶剤の匂いが残っていました。




過去15年の間、この飛行機はAdvancedやUnlimitedの競技飛行や、エアショーでも激しい飛行を行ってきました。しかし、内部はワイヤーの極わずかなゆるみが見られただけです。Wolf Pittsの主翼は信じられないほどに強靭です。




Good!




唯一問題があるとすれば、それは主翼中央に内蔵されたスモークオイルタンクです。小さな穴が開いていて、漏れが見られます。悩みましたが、いろいろと問題があるこのタンクは取り外すことにしました。木工作業の専門家に依頼します。




Stinger Gear+4 inch Wheelの尾脚は軽量でしたが、信頼性に劣り、地上での取り扱いに気を使いました。まだ試作段階ですが、およそ写真のような形に変更します。




主翼が戻ってきました。・・・何と美しい仕上がり!
タンクが外され、約2 LBSの軽量化です。




羽布の作業を開始します。3月の試験飛行を目指して、孤独な作業が続きます。

2017年12月18日月曜日

2017 Team Oracle 最後のフェリーフライト



11月上旬。2017年のボスの最後のエアショーがFL州ジャクソンビルで行われました。私もこのような大きな舞台でいずれ飛行してみたいものです。





夜風が気持ちがいいです。Team Oracleの仲間との一時。





FL州ジャクソンビル海軍基地

私が到着したのはエアショーが終わった後でした。もう1日早く来れれば、トップパフォーマーたちの素晴らしい演技を見られたのですが。





飛行機の準備完了です。しかし、霧が入って、昼前までIMCになってしまいました。





午前11時、3時間遅れて出発です。CA州サリナス空港まで直線距離で2021 Nautical Miles。3日間の旅です。





アラバマ州で最初の燃料補給。無事に着陸してほっと一息。







数十㎞続く直線の未舗装路。





1日目の最終目的地はTX州ウェイコーです。





到着予定は日没10分前。出力を上げて前へ進みます。





永遠と続く、広大な油田地帯。もう30分ほど続いています。





日没まで15分、降下開始。




3番機、Challenger IIIは日没と同時に着陸しました。





翌朝。前線が早朝に通り過ぎている予報でしたが、まだ航路上に居続けています。



「留まる勇気。引き返す勇気。」などと言われますが、勇気ではなく、状況を認識して、ただ次の選択肢に行動を移すだけのことだと思います。VFRの飛行なら、IMCでは飛行しない。当然のことですが、この当然のことを守らないために事故に至るケースは多いです。

Team Oracleでは、VMCに加えて、2,000ft AGLの対地高度を維持しようとの取り決めをしました。2,000ft AGLは、滑空比に劣るこのChallenger IIIの飛行中に何らかの不具合があったとき、地面に到達するまでの1分弱の間にわずかに対処ができる、最低飛行高度だと思います。





FlyCycle!楽しそうです。





ウェイコーは大きな町だと思っていましたが、衰退が目立つさびれた町でした。100年以上前に建てられたAlico Towerが過去の繁栄を思わせます。





TX州エルパソの東、グアダルーペマウンテンが見えてきました。







素晴らしい眺めです。





さて、ここなら練習もできそうです。
「Three, Request maneuver!」







イヤー、ベイビー!





CA州アップルバレー空港。最後の燃料補給です。あと1 Leg!





CA州サリナス空港、無事到着しました。
Challenger IIとChallenger IIIが並びました。さて、どちらがどちらでしょう?





今年もお世話になりました。また来年、フェリーフライトでご一緒します。