2017年11月12日日曜日

2017 Livermore Open House and Air Show




10月7日土曜日、CA州リバモア空港のオープンハウス アンド エアショーにやってきました。2年前にこちらで飛行させていただき、今回で2回目です。ご招待ありがとうございます。


以下の写真は、お越しいただいた山口大樹氏の提供によるものです。心より感謝いたします。





2013年まで、ここリバモア空港のAttitude Aviationに在籍していました。よく見ると、新しい格納庫や会社ができたり、周辺の道路が整備されたり、来る度に少しずつ変わっていきます。





たくさんの飛行機がディスプレイで並んでいます。この飛行機は曲技飛行仲間のDaveさん所有のLaser 230です。機体を再塗装し、エンジンとプロペラを交換、きれいな飛行機に仕上がりました。





 3人のパフォーマーが参加します。Steve Stavrakakisさんはルーマニア製IAR-823という飛行機で参加です。


1995年、私が事業用や計器飛行などの訓練をしたころ、彼の素晴らしい飛行を現地のエアショーで見たことを今でも鮮明に覚えています。





第31回 West Coast Antique Fly-In & Airshow





当時はチェコ製Zlin 50で飛行していました。こうして、同じ舞台で翼を並べることがあるとは思いもしませんでした。





 各地のエアショーで広く活躍する女性飛行士、Vicky Benzingさんの愛機、Boeing Stearman。彼女はエアショーだけでなく、Reno Air Raceでも常連です。





そして私です。おや、家族連れの方がいらっしゃいました。





お越しくださりありがとうございます。





そろそろ出番です。


















風も穏やか。飛行エリアの幅が約670 ft、約204mと狭いところですが、問題なく飛行できました。






〈動画〉 2017 Livermore Open House and Air Show





〈動画〉 Livermore Airshow Stefaniさん作成

Stefaniさん、動画のシェアをありがとうございました。











Steveさんと握手。光栄です!




















この飛行がこのPitts S-2Sの今年最後の曲技飛行、明日から整備に入ります。最後に最高の飛行ができ、とても嬉しいです。





楽しい一日をありがとうございました。またお会いしましょう!

2017年10月31日火曜日

2017年 全米曲技飛行選手権 5


アンリミテッドカテゴリー リザルト



今年の全米曲技飛行選手権、アンリミテッドカテゴリーの、ノウン、フリー、フリーアンノウンを含めた最終成績が発表されました。ロブ・ホーランド氏が7年連続で優勝です。おめでとうございます。

私は合計で60.44%、11人中7位で終えました。ただ今回は、去年参加していた上位数人の方々が参加していませんでしたから、本来の順位はさらに下になっていたはずです。

特筆すべきことは、DR107 One Designで2人、Pitts S-1E(S-1Sのエクスペリメンタル機型)で1人が参加と、4気筒エンジン搭載の機体で3人が参加していたことです。私のPitts S-2Sも含め、最新型機以外での参加が増えたことは嬉しく、何らかの変化が起きていると期待させられました。





競技飛行には全てにおいて妥協を許さない姿勢や、高い精度の飛行を行える技術などが勝負を分けますが、私は飛行全体を考え、個々の精度を許容する飛行をする傾向があります。

負けを覚悟で挑んだ勝負も、こうして結果を見るとやはり悔しさを感じます。私も競技者であるようです。




4ミニットフリー参加者の機体が並びました。開始を待ちます。




4ミニットフリーはこれまでの競技飛行とは別カテゴリーとなり、音楽やスモークシステムの使用が認められ、判定基準も別のものが用いられます。




燃料とスモークオイルを補給し、全機の飛行準備が整いました。放送席側も、音楽の準備ができたようです。




これまで緊張していた私も、4ミニットフリーではリラックスです。こうして演技することに嬉しさを感じます。




では、行ってきます! 




20170929 4ミニットフリー

期待して挑んだ飛行でしたが、完成度の低い飛行が非常に残念です。



改修作業後の試験飛行で、性能向上が期待した以上と確認し、これまでは不可能だったマニューバーも行えるようになりました。しかし、今回の4ミニットフリーはそれらが互いに調和しておらず、とても醜い飛行です。



「曲技飛行はどんなマニューバーができるかではない。全ては芸術なんだ。」 by Sean D. Tucker 


そんなボスの言葉が心に響きます。




最後はロブ・ホーランド氏の演技でした。圧巻の飛行に言葉がありません。2017年の全米曲技飛行選手権は無事に終了です。




4ミニットフリー リザルト

68.15%。昨年の71%という得点と一概に比べることはできませんが、得点も順位も納得のいくものです。研究を重ねることとします。

嬉しかったことは、ジムさんが4ミニットフリーで2位になったことです。音楽も飛行も素晴らしいものでした。おめでとうございます。来年4月の競技会でお会いしましょう!




表彰式はEAAの博物館です。何度来ても楽しいところです。




2018年ルーマニアで行われる、WAACのUSチームの選抜メンバーが決まりました。おめでとうございます。



4ミニットフリーもロブ・ホーランド氏が制しました。来年彼が総合優勝すれば、全米曲技飛行選手権の最多、そして連続8回の優勝という輝かしい記録が達成されます。




翌朝。雲一つない青空となりました。荷物を積み込んで出発です。




素晴らしい選手権をありがとう、オシュコシュ!




















翌日、無事にキングシティーに到着しました。飛行機を格納庫に収めると、まるで3週間が夢だったように思えます。今回の選手権参加での数々の反省点を元に、今後の活動を見直します。いつの日か、完成された演技を披露することを夢見て。

2017年10月17日火曜日

2017年 全米曲技飛行選手権 4


ウィネバゴ湖


9月25日にノウン、26日にフリーを飛行して、また2日間自由時間になりました。次の飛行は最終日の29日に行われる、フリーアンノウンと4ミニットフリーです。空港にいるばかりでは退屈です。今日はオシュコシュの東に見えるウィネバゴ湖へ行ってみます。




上空からも対岸が見えないほどに大きく、これも五大湖の一つかと思ってしまいましたが・・・。




地図で確認すると、本物の五大湖はさらに桁違いに大きかったのでした。








動物園に来ましたが、運営は9月の最後の土曜日、先週末までだったそうです。冬が長く厳しく、こうした施設は夏の間だけというところが多いようです。




数日前までは暑い日が続いていましたが、今日は上着が必要なほど涼しくなりました。もう秋です。



29日午前に行われる予定のフリーアンノウンのシークエンスも作成しました。





先日上位10人の競技者から提出された、フリーアンノウンのフィギュアです。

これら10個のフィギュアと、さらに最大4つのオプショナル フィギュアを組み合わせ、フリーアンノウンのシークエンスを作成します。組み合わせは自由(フリー)、しかしそれぞれのフィギュアは練習する機会がないために未知である(アンノウン)ということで、フリーアンノウンと呼ばれます。

フリーアンノウンはここ4-5年の間に始まった、比較的新しいスタイルの競技です。PCがない時代なら、カタログ、ルールブック、計算機や定規を使って作成するのでしょうが、今ではOpenAeroなどのソフトウェアで作成し、ファイル形式で送付して承認を得ることが義務付けされています。競技者も作業を早く進められ、また多くのシークエンスを確認しなくてはならない運営側も、ワークロードを大幅に減らすことができます。


OpenAero https://openaero.net/




OpenAeroでフリーアンノウンのシークエンスを作成中。



さて、どのフィギュアから始めればいいのだろう?
このフィギュアはインバーテッド(背面)で終わるから、次に繋げるためには何かを加えないと・・・。
このフィギュアのループの頂点部分はダウンウィンドで行いたい・・・。


考えすぎると結局何も手が付かないまま時間だけが過ぎてしまいます。この際、適当に組み合わせて、手当たり次第に作ってみることにしました。




その1

できました。悪くはないと思いますが、次を作ってみます。




その2

フィギュア3からフィギュア5の間が厳しいでしょうか。向かい風が強ければできそうですが、無風のときに苦労しそうです。
また、フィギュア8からフィギュア11 までがダウンウィンド側に連なりました。却下です。




その3

悪くはなさそうですが・・・。もう1つ作れるかな?




その4

・・・これでいいでしょうか?フィギュア1、フィギュア6、そしてフィギュア10には不安がありますが、シークエンスとしては無理のない組み合わせに仕上がったと思います。

翌朝、このシークエンスは無事に承認されました。他の方々が作成したシークエンスと比べても、飛びやすいように思えます。これを使ってフリーアンノウンの飛行を行います。








今夜は作戦を練って、飛行を想定しながら練習を重ねます。




準備はできました。行けそうです。




おはようございます。最終日の朝です。


今日はほぼ真北から25KTS超で風が吹いてくる予報です。X軸上の、ダウンウィンド側に並んだフィギュアは飛行しやすくなりますが、フィギュア1のPループの頂点で曲線を表現し辛くなること、フィギュア10の下向きループの半径が大きくなることが懸念されます。




〈動画〉 20170929 アンリミテッドカテゴリー フリーアンノウン1


低い雲高のため、フリーブレイク(中断を任意で、ペナルティーなしで行うことができる)が認められました。しかし、北風に乗って流される機体に戸惑い、苦手なフィギュアに不安を抱え、これまでにないほどに冷静さを欠いた飛行になりました。

ノウン、フリーと、ここまではHZなしで飛行してきましたが、このフリーアンノウンではどうでしょうか?お時間がある方は、上の動画から間違い探しをどうぞ。




予定よりも大きく遅れましたが、次は最後のイベント、4ミニットフリー(4分間の時間制限付きの自由演技)です。1時間の休憩の後、ブリーフィング開始です。