2017年5月18日木曜日

Landing Practice in a Pitts S-2S




八尋さんの友人がお描きになった、愛機Pitts S-2Sの絵をいただきました。新しいワイドブレードのMTV-9プロペラの特徴もしっかり再現されています。




ありがとうございます。大切に格納庫に飾ります。






楽しかった八尋さんとの一週間も過ぎて、ボスのエアショーパイロット、Sean D. Tuckerからの次の課題を与えられました。

エアラインも飛行学校も、どこも人手不足と聞かれますが、我々も状況は同じのようで、今年はボスのエアショーチーム、「Team Oracle」(https://www.oracle.com/corporate/teamoracle/index.html)のChallenger IIIのフェリーフライトに駆り出されることになりました。まずは、Challenger II(Seanが2009年まで使用した機体。現在は予備機として活用。)の離着陸訓練を100回終えるようにとのことです。




Challenger II

予備機のChallenger IIは、基本的にはPitts S-2Sを大幅に改造した機体です。出力を400HP+に増加し、主翼はエルロンを計8枚装備したWolf Pro 8 Wings、曲技飛行性能を向上させています。


















Challenger IIは改造と調整を徹底的に行われたPitts S-2Sで、一般に市販されているPitts S-2BやS-2Cよりも飛行しやすい印象です。しかし、この機体で難しいのは着陸です。

タイタニウム製の円筒形のメインランディングギアはスプリンギーな特性で、神経質なほどに繊細な着陸が求められます。通常のPtts S-2B/Cが1 foot(約30 ㎝)毎に滑走路に近づけて接地させるとすると、この飛行機の場合は1 inch(2-3 cm)刻みと言えるでしょう。三点着陸ではランディングギアのアライメントの関係で暴れてしまうため、接線着陸で慎重に滑走路に接地させます。




それでは、いざ離着陸訓練へ!




<動画> Wheel Landing Practice Pitts S-2S

日英両語で動画を作成してみました。着陸操作では「速度を保て!」と訓練中に厳しく伝えられます。確かに、加速性能の低い大型機やジェット機では、それは重要なことでしょう。でも、対気速度を保っていても着陸が上手く決まらないことも多いものです。何か欠けているとすれば、それは何なのでしょうか。




I love crosswind!

横風の練習もするべきですね。今日はNew Coalinga空港(C80)にやってきました。滑走路12-30に対し風向きはいつも020°-040°、完全な設計ミスです。今日も15KTS+で順調に吹いています。




<動画> Crosswind Practice Pitts S-2S

動画には残しませんでしたが、実は最初の3回は連続でGo-aroundしました。Go-aroundを危険なこと、恥ずかしいことと考えてはいけません。Go-aroundは常に最善の選択肢です。




Challenger III

見た目はほぼ同じですが、設計の段階からすでにPitts Specialではなく、我々は「Bi-Plane」と呼んでいます。Pitch方向の静安定はほぼ中立で、編隊飛行や曲技飛行はよいとしても、着陸時の接地操作が極端に難しい飛行機です。




Sean D. Tucker(中央)とファンの皆さま


ボスの大切な飛行機を、安全第一で、慎重に運びます。今年もSean D. TuckerとTeam Oracleの活躍にご期待ください。

2017年5月13日土曜日

夢に向かって


昨年8月にPitts S-2Cで曲技飛行訓練を行った八尋さんが、再び訓練にいらっしゃいました。お元気そうで何よりです。




八尋さんは海上自衛隊で飛行教官をされています。ご一緒できて光栄です。




曲技飛行訓練と並行して、今日は離着陸訓練を行います。では行きましょう!




King City空港のRunway 29を離陸して、左回りに飛行します。





<動画> Pitts S-2C 離着陸訓練

Pitts Specialの着陸進入は、人によって考え方が様々です。でも、私のモットーは「想定できるどのような状況でも、また最悪の事態に陥っても、無事に着陸が行えること」で、ここは曲げることはできません。今回も様々な状況を想定して離着陸を行いました。




Nice Flight!




私はこれまで、悩みながら、迷いながら、人の倍の時間をかけて飛行技術を習得してきました。飛行すること、乗り物を操ることなどに長けた方、そして習得技術の高い方は時折出会いますが、八尋さんもその一人のようです。




1週間たくさんの飛行を行いました。お互い、夢に向かってひたすら進みましょう!

2017年5月3日水曜日

Redfox Airshows 2018 Japan Tour




SAC Card(Statement of Aerobatic Competency Card、曲技飛行技量の証明書)の更新を終えました。今回の更新で、最低飛行高度が500 ftのLevel 3から、250 ftのLevel 2への移行も認められ、今後の飛行が多少華やかになります。






ただ、250 ftまでの飛行が認められたから、これまで行ってきた飛行をそのまま250 ft下げることができるわけではありません。個々の飛行種目には最低限必要なTotal Energy(対気速度+対地高度)があり、さらに個人の求める安全率が加わります。




Photo: Mr. John Krzesinski



そして、高度計の表示の遅れや誤差や、わずかな操作の違いで100 ftの高度は簡単に上下しますから、目標高度を100 ft下げる、また難易度の低いナイフエッジの飛行で250 ftへ降りることはあっても、私の基本的な飛行が大きく変わることはないでしょう。今後も安全第一で飛行を続けます。




<動画> 2017 Redfox Airshows (extended version)

SAC Card Evaluationで行った飛行です。新たな飛行がいくつか加わりました。



ここでお知らせです。

昨年、日本航空学園のご協力と、Pitts S-2Cの所有者のご理解とご厚意、曲技飛行仲間の皆さんの支援の下、航空学園の航空祭で曲技飛行を行うことができました。応援をしていただいた皆さまにも、改めてお礼を申し上げます。

ただ職場の予定などいくつかの事情が加わり、今年は日本での活動を辞退をさせていただくことになりました。皆さまとお会いすることができず、とても残念です。




Photo: Mr. John Krzesinski



もう一つのお知らせは、来年2018年、「Redfox Airshows 2018 Japan Tour」と題して、愛機Pitts S-2Sを日本に輸送し、日本の各地の航空祭でAir Show Performance Flightを行う計画についてです。皆さまに青空を見上げて、曲技飛行を楽しんでいただければ、こんなに嬉しいことはありません。どうぞご期待ください。




Photo: Mr Robert Martinez



引き続き、このBlogやFacebookを通して情報をお伝えしていきます。では、Stay tuned!