2016年10月13日木曜日

2016年 全米曲技飛行選手権 5


ここDenisonに来てもう1週間。今日は飛行はありません。気晴らしに空港の西側にある、午後の飛行用のジャッジラインに来ました。天気がよく、でも暑すぎず、快適に飛行を観察できました。




時々、「お前たち、一体上を見上げて何をしているんだ?」と聞かれます。一般の方々には不思議な光景でしょうね。




格納庫は飛行機でいっぱいです。さて、私のS-2Sはどこへ行ったのでしょうか。




パノラマ撮影。たくさん入りました。




スポーツマンカテゴリーが開始。がんばってください。




空港西側の閉鎖された滑走路、17R/35Lはグライダー部門の離着陸に使われています。




Air Force Academy(空軍士官学校)所属のDG-1000。将来の空軍士官たちが競技をがんばっていました。




Air Force Academyのグライダークラブのトレーラー。










Air Force Academyから女性も一人来ていらっしゃいました。ケイトリンさんは、将来は戦闘機に乗りたい!とおっしゃっていました。




9月29日。今日はこれからFree Unknown 2の飛行です。




それでは行ってきます。




私の作成した、Free Unknown 2のシークエンス

提出した後に13番のP-Loopの向きを間違えたことに気付きました。PCの調子が悪く、何度か再起動を繰り返して、作り直している間に間違えたようです。向かい風が強いと得点が低くなることでしょうが、どうなるのでしょうか。




<動画> Free Unknown 2

例によってHZがあります。お暇な方は間違い探しをどうぞ。




高速度域の飛行が必要だったため、+7Gまでかかってしまいました。これでもTotal Energyを失わずに飛行できます。このPitts S-2Sはすばらしい飛行機です。




結果が発表されました。Unlimited Powerの参加者13人のうち、私は11位、65.441%。3回全ての飛行でHZを1つずつ取ってしまいました。最下位でも当然と思い参加したこの選手権でしたが、負ければ悔しさを感じます。向いてはいないと思いつつも、私は競技者なのでしょう。

ただ、点数としては低くなってしまったものの、数字には出ない成果は自分でもよく判ります。今回のようにコーチングを依頼して、来年の州内の競技会でいい成績を残したいと思います。鐘尾さん、白鳥さん、またよろしくお願いします。

1 件のコメント:

Yohei Shiratori さんのコメント...

トレーニングおよび本戦お疲れさまでした。来年からはOshkoshですね。遠くなりますが何らかのお手伝いが出来ればと思います。こちらの機体探しは妥協かあるいは全身全霊をかけて一機かと言う二択になりそうな気がします。ひとまずは12月にその判断材料を得るための飛行をする予定ではありますが。

一つ気になったのですが、HZのあとImplicit interruptionは取られましたか?条件は満たしてしまっているので恐らく、とは思いますが確証が持てなかったので教えていただければ幸いです。