2022年8月1日月曜日

さあ、あの国境を越えよう

 

霧は早朝に晴れるという予報でしたが、午前10時にようやくVMCになりました。今日は3 Legs飛行して、アイダホ州の国境近くまで行く予定です。各Legを2時間、燃料給油に30分とすると・・・18時までに国境手前のID州サンドポイントまで行けるでしょうか。




ニュースの通りです。シエラネバダ山脈は山火事です。大変なことになっています。




レイクタホあたりで煙を超えて、視界が開けました。




21 in-Hg @2400 RPM、12.9 GPHの燃料消費量に設定すると、No. 1 Cylinderで47°F ROP(Rich of Peak)になりました。各Cylinderの燃料流量が安定し、燃費が向上、おそらく出力も多少向上したはずです。Fuel Injector Nozzleを調整した成果です。




ネバダ州ラブロック ラブロック飛行場(KLOL) 

30分の燃料補給と休憩、そして再び空へ。




オレゴン州ジョンデイ グラントカウンティ飛行場(KGCD)

横風は5KTS程度でしたが、着陸時にずいぶん振られました。風向きが変わったのでしょうか。荷物が満載で重く、CG(重心位置)が後方というこの飛行機で、見知らぬ土地での離着陸は本当に気を遣います。




台地の上にある、美しい飛行場でした。




数年前に新築されたという、グラントカウンティ飛行場のターミナル。パイロットラウンジにはシャワーとベッドもあるそうです。よいところを見つけました。時間は15時半。この様子なら、18時までには目的地のアイダホ州サンドポイントまで行けそうです。




山の向こうにはオレゴン州ペンドルトンの町。2008年のAWAC(現在の名称はWAAC、World Advanced Aerobatic Championships)が行われました。友人の内海さんが日本代表として出場し、私は支援に向かいました。懐かしいです。




Port of Whitman Airport (S94)、Washington州Colfax

格納庫の空きがあるということで、一時期ここへの移住を考えていました。しかし、格納庫に断熱材がないこと、暖房がないこと、そして冬は氷点下10度C以下という環境ではちょっと・・・。寒さに弱い私には無理でしょう。




サンドポイント飛行場(KSZT)、アイダホ州サンドポイント

自転車を借りました。とてもサイクリングをする元気はありませんでしたが。




夕食はピザで元気をつけます。ごちそうさまでした。




明日のカナダ行きの飛行に、まだやることがあります。深夜に起きて、以下のことを終えます。

1.eAPISのマニフェスト提出   離陸予定時間の60分前までに行う。

2.CBSA(Canada Border Service Agency)へ入国の事前報告   離陸予定時間の2時間から48時間前に行う。

3.Flight Plan   インターナショナルフライトであるため、ICAO方式。現在はFSS(Flight Service Station)のWebsite上で入力が可能です。Flight Planをファイルするなど何年振りでしょうか。便利になりました。

4.ArriveCan   Covid-19(武漢ウィルス)に関する健康報告。


以上です。



入国は、AOE(Airport of Entry、入国審査を行える、指定された空港)であるカルガリー国際空港(CYYC)です。前述のとおり、CANPASSのアカウントを取得すると、目的地の選択が広がり、例えば今回の目的地であるレスブリッジ飛行場から入国することも可能になります。




国境まで約40Miles。


・・・飛行機はCessnaではなく、1人で、国境もすぐそこですが。



かがやく銀色のセスナは二人を乗せて、はるかな国境をいま超えるよ



と、プリンセスプリンセスの歌を思い出しました。




山間部のためか交信に苦労しました。無線交信なしで国境に近付くのも不安ですので、旋回しながら上昇。5-6分してようやく無線が通じました。高度9,500 ft MSLで国境を越えます。




Hello, Canada!

カナダ側の管制官に無線交信が渡り、無事に国境を越えました。




雲が10,000ー12,000 ft MSL辺りに立ち込めています。峰の低いところを見つけて超えていきます。


国境を越えて約1時間、レーダーの範囲外とのことでトランスポンダは機能せず。技術が進化した21世紀でも、まだ万能という訳でもないようです。ということは、管制官も私の場所がわからないということでもあり。


「大丈夫、そのうちレーダーで確認できるよ。」


と、言われましたが、ずっと同じ周波数でこの距離を飛べるわけもなく。予感的中、途中で無線が通じなくなりました。カルガリー国際空港のClass C Airspace(米国のClass Bに該当)手前で別の周波数に切り替えて、Clearanceを得て、着陸です。




カルガリー国際空港に到着しました。

カルガリーGNDは「Taxiway Aの右側の、白と灰色のトレーラーがCustomsだよ。」と言いましたが、トレーラーを探しても見つからず、再度聞くとこれがそのトレーラーでした。「トレーラー」とは移動式の建物、日本でいうところの「プレハブ小屋」のことなのでしょう。なるほど。



カルガリー国際空港の入国審査の場所は調べても出てきませんでした。2022年7月の時点ではここでした。参考までに。



カルガリー国際空港(CYYC)の南西部




上の場所をさらに拡大しました。

赤く囲ったところ、「Apron 6」と呼ばれる場所のこの建物で入国審査を受けられます。



到着して、携帯電話をかけようとすると、あれ?圏外です。私の携帯電話プランでは、米国からカナダには電話をかけられても、カナダ国内では使用不能なのでした。

時間とおりに到着したわけですから、建物から誰かが出て来てもよさそうですが、連絡があるときのみ係員が来るそうです。このままでは飛行機から出られません。どうしよう。

もう一度GNDにコンタクトして、地上スタッフの方たちの携帯電話を借りて、やっと連絡することができました。米国でのClass B(ロサンゼルス国際空港やサンフランシスコ国際空港など)に相当する大空港なのに、いろいろと助けていただきました。本当に、本当にありがとうございました。




1500時、予定通りにレスブリッジ飛行場(CYQL)に到着しました。エアショー関係者の方々に連絡ができなかったことをお詫びして、ご挨拶して、ほっと一息。




レスブリッジ飛行場(CYQL)

Non-Towerの、交差するRunwayが2本、Taxiwayがない小さな飛行場です。Westjetが定期便を運航しています。




Indian Battle Park

ホテルの隣は草原が広がっていました。夕食をとって、もう20時過ぎというのに、まだ日が高いです。人々は散歩したり、サイクリングをしたりと、この夏の日々を楽しんでいます。




日没は2130時ころだそうです。日時計を頼りに生活すると、寝不足になる恐れがあります。ご注意を。

おやすみなさい。

2022年7月29日金曜日

Hello, Canada!




先日、カナダのレスブリッジに到着しました。REDFOX Airshowsは今週末、7月30日(土)と31日(日)にここレスブリッジ飛行場で行われる、Lethbridge International Airshow 2022でパフォーマンスフライトを行います。お近くの皆さま、お会いできることを楽しみにしております。





Lethbridge International Airshow 2022:https://lethbridgeairshow.com/








今回はプライベート機によるカナダへのインターナショナルフライトの準備について書き連ねてみます。ただし、もしご自身で米国ーカナダ間のインターナショナルフライトを行うときは、更新された、正確で詳細な、関係機関の情報をご覧ください。



飛行士について(米国のFAA資格保持者の場合)

1.Pilot Certificate

2.Medical Certificate

3.FCC Radio Operator License

4.Passport

5. Visa(日本国籍保持者は不要)または米国永住権証明書



航空機について(米国のFAA登録の航空機の場合)

1.Standard Airworthiness Certificate、またはSpecial Airworthiness Certificate(Experimental機など)


Special Airworthiness Certificateの場合は以下の要領で承認を行います。


Recreational Aircraft Airworthiness: https://tc.canada.ca/en/aviation/aircraft-airworthiness/recreational-aircraft-airworthiness


調べると、Experimental - Amateur-built登録機であるこのPitts Special S-2Sの承認手続きは不要とのことでした。以下の書類を印刷し、機内に備えることで完了です。Pitts S-2BやS-2C、Extra 300Lなどのスタンダードカテゴリー機、またはEdge 540などのExperimental-Exhibitionなどに比べ簡素です。


Standardized Validation of a Special Airworthiness Certificate - Experimental, for the Purpose of Operating a United States - Registered Amateur-built Aircraft in Canadian Airspace: https://tc.canada.ca/en/aviation/aircraft-airworthiness/recreational-aircraft-airworthiness/standardised-validation-special-airworthiness-certificate-experimental-purpose-operating-united-states-registered-amateur-built-aircraft-canadian-airspace



 



2.Registration Certificate

3.FCC Aircraft Radio Station License

4.Operating Limitations, Placards and Instrument Markings, Approved Flight Manual

5.Weight and Balance Information

6.Liability Insurance

7.ELT(Emergency Locator Transmitter)   従来の121.5 MHzでも可だが、406 MHzのELTを推奨。

8.12-inch sized Registration Markings   International Airspace(国際空域)からADIZ(防空識別圏)を超えて入国する場合。米国とカナダの間と、米国とメキシコの間にADIZはなく、米国で見られる2 inや3 inの小型の登録記号でも国境通過は可。



飛行士と航空機に関する必要事項は以上です。

・・・ELTが必要ですか。米国では、単座機への装備は免除されており、このPitts Special S-2SはELTは装備されていません。しかし、カナダで登録される航空機には406 MHz対応の新型ELTの装備がすでに義務付けされ、また外国から飛来する航空機もELTの装備を義務付けしています。




ACR Electronics社製 ELT345




携帯型のELTも考えましたが、発信する緊急信号の周波数は406 MHzのみです。往来する航空機からも傍受可能な、121.5 MHzも発信する機内備え付け型が安心だろうとこの型を選びました。

わずか2 kg+の重量増加とはいえ、少しずつ装備が増え、重くなっていく機体を見て後悔しています。両周波数で発信するとしても、墜落や火災などでELTが完全に破壊されれば作動しないでしょう。ここはパラシュートなどに取り付けられる携帯型を選択すべきでした。




機内に取り付けるELTのブザー。発信すると音が鳴り、誤作動を防ぎます。この部品を省略して軽量化をと思いましたが、下の写真に写るリモートスイッチと共に、取付必需品とのことです。




取り付けられる場所を探すと・・・ここしかありませんでした。座席下や、可能な限り重心近くに取り付けたかったのですが、仕方ありません。作動試験は完了です。




続いて、米国ーカナダ間の国境通過において、事前に関係機関に行うことは以下の通りです。

1.USCBP(U. S. Customs and Border Protection: アメリカ合衆国 税関・国境警備局)が運営するeAPIS(Electric Advanced Passenger Information System)のアカウント作成   年間$30.53の支払いで、国境の通行回数は無制限で可能です。また、出入国時の報告を事前にWebsite上で行うことができるようになります。


USCBP(U. S. Customs and Border Protection: https://eapis.cbp.dhs.gov/eapis/auth




eAPISの登録証明のステッカー

ステッカーの送付に4週間かかるとのことでしたが、1週間で届きました。もし急な旅行で間に合わず、添付できなかった場合は領収書で代用できます。




2.CBSA(Canada Border Service Agency: カナダ国境警備庁)が運営するCANPASSアカウントの作成   ただ、対象者はカナダまたは米国の国籍か永住権保持者のみです。年間の費用はカナダ$40。


Canada Border Service Agency: https://www.cbsa-asfc.gc.ca/prog/canpass/privateair-eng.html


このアカウントがあると、カナダの入国審査が簡素になり、AOE(Airport of Entry: 入国審査に指定された空港以外の、CANPASSで認められた小規模な飛行場からも入国が可能です。

ただ、アカウントの作成には4ー6週間ほどかかるそうですので、今回は間に合いそうもなく見送りました。レスブリッジ飛行場はCANPASS対応の飛行場ですが、仕方なくさらに40分ほど先にある、AOEのカルガリー国際空港で入国審査を行いました。


次回は飛行の様子を掲載します。




その他参考にしたリンク

AOPA Flying to Canada: https://www.aopa.org/travel/international-travel/canada

FAA Entering, Exiting, Flying in United States Airspace: https://www.faa.gov/air_traffic/publications/us_restrictions/airspace/ 

Flying Crossing Borders: How-To Guide For Visiting Neighboring Countries: https://www.flyingmag.com/pilots-places-pilots-adventures-more-crossing-borders-how-guide-visiting-neighboring-countries/#:~:text=Remember%20to%20open%20and%20close%20the%20flight%20plan.,communicate%20with%20air%20traffic%20control%20whenever%20you%20can.

Transport Canada Flying to Canada: what you need to know: https://tc.canada.ca/en/aviation/general-operating-flight-rules/flying-canada-what-you-need-know-tp-15048#toc-8-2

2022年7月8日金曜日

2022年7月8日 安倍元首相のご冥福をお祈り申し上げます

安倍晋三元総理大臣のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



逮捕された容疑者にどのような信条があったのか不明ですが、暴力で現状を変えようとする行為は民主主義に対する冒とくです。許せない蛮行です。このような暴力に対抗し、私も日本国民の1人として、できる何かを。

今回の参院選に際して、私は今度こそは在外選挙をと思いました。・・・そう、恥ずかしながら、私はここ米国からまだ一度も選挙に参加したことがありません。日本国民が外国の地で日本の国政選挙に参加するには、在外選挙人登録し、そして在外選挙人証を保持していることが必要です。この在外選挙人証の発行には3カ月ほどかかり、過去20数年、ずっと先送りにしてきたのでした。


安倍元首相の事件で大切なことに気付きました。改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。


総務省 在外選挙人制度について https://www.soumu.go.jp/senkyo/hoho.html












2022年7月7日木曜日

REDFOX Airshows is coming to Canada!


Photo: Mr. Hayman Tam

http://shutterspeedaero.wordpress.com/

 

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

2022年も早くも7月、折り返しとなりましたが、まだ夏は始まったばかりです。

今回はREDFOX Airshowsの参加が決定した、この夏のイベント2つの情報をお伝えします。


レスブリッジ インターナショナル エアショー

日程: 2022年7月30日(土)ー31日(日)

場所: カナダ アルバータ州レスブリッジ レスブリッジ飛行場(CYQL)

リンク: Lethbridge International Airshow(https://lethbridgeairshow.com/


アルバータ インターナショナル エアショー

日程: 2022年8月13日(土)ー14日(日)

場所: カナダ アルバータ州エドモントン ヴィルヌーヴ飛行場(CZVL)

リンク: Alberta International Airshow(https://albertainternationalairshow.com/


お近くの皆さま、現地でお会いできることを楽しみにしております。

2022年6月17日金曜日

2022 IAC West Open Championship

2022年6月2日から4日まで、CA州トレーシーのトレーシー市営飛行場で行われた、2022 IAC West Open Championshipに出場しました。


10日間練習飛行を行い、安全に曲技飛行競技に参加できる程度にはなったものの、3年の間に失った技量は膨大なものだったようです。飛行中に方向を見失ったり、フィギュアの形がくずれたりと、散々な飛行もありましたが・・・。さて、どんな結果になるのでしょうか。



日本からはSonic(H.N.)さんがいらっしゃいました。4月のボレゴバレー飛行場での競技会に続き、今回もExtra 300で参加です。一緒に参加できて、光栄です。


武漢ウィルスの災厄も収まりつつあり、日本からの渡米も可能になりました。再び世界各国から参加者が戻ることを願います。



トレーシーまでSonicさんと編隊飛行で向かいます。自転車もオートバイも、仲間と一緒にお出かけするのは楽しいものです。もちろん、飛行機も、です。

準備ができましたね。では・・・


REDFOX: Borrego FLT, check.

Sonic: 2!



進路310、トレーシーへ。





Nice Flight!です、Sonicさん。



トレーシー飛行場に到着。気温30℃+、比較的過ごしやすくて助かりました。意外にも、6月は1年で最も暑い月ですが、今年は気温が低めに感じます。



Skyview Aviation

ロビーや格納庫のスペースの提供など、多大なサポートをいただきました。ありがとうございました。


Skyview Aviation http://www.skyviewaviation.com/



このトレーシー飛行場は、私が競技会初参加に向けて練習していたときに毎週のように通っていたところでした。それも2003ー2004年のこと。あれから長い時間が過ぎ、周辺には住宅も増えました。



Tracy Municipal Airport (KTCY), Tracy, CA, USA


当時もすでに騒音問題があったはずですが、競技会などを開催して大丈夫なのでしょうか。・・・いえ、ご心配なく。調べると、苦情は特定の方からのみだそうで、市はあえて競技会を開催して、どのような反応があるか、情報をまとめたいという意思があったのでした。



今日は移動だけで終わりましたが、楽しい編隊飛行でした。



翌6月2日。今日は公式練習日です。空いているスロットに名前を記入して、準備します。



Chapter 38の常連、トム・マイヤーさん。Edge 540でAdvancedに参加です。



ブレット・ダイブンポートさんのPitts S-1S。美しい機体です。



エリック・モーアさんのLaser 230。アリゾナ州から参加です。



Sonicさんが練習飛行に向かいます。よい飛行を!



上空に薄い雲がかかり、過ごしやすいです。天気は・・・CAですから、大丈夫でしょう。



夕食はタイ料理のレストランへ。



おいしいですね!


明日6月3日は競技会1日目です。今競技会の総参加者は31人。我々のUnlimitedには、予定していた1人が出られなくなってしまいましたが、3人が参加となりました。



競技会の朝。張り詰めた空気を感じます。



競技に参加する者だけが感じるこの世界。また戻ってくることができました。



0700時、ブリーフィングです。古い仲間もいますが、半数以上は新たな参加者です。新しい仲間です。



通常、曲技飛行競技会は参加者とわずかなボランティアたちで、ひっそりと行われるものですが、この競技会では現地のEAA(Experimental Aircraft Association)の方たちがオーディオ機器を配置し、音楽も流して、賑やかに行われました。



観客の方たちに楽しんでもらおうという、心遣いです。ありがとうございました。



さあ、一緒に飛ぼう!



XL AviationからPitts Special S-2Bが参加です。

ちなみに、この飛行機は俳優のTom Cruiseさんが所有していたものです。



・・・予想通りといいますか、1回目のKnownは散々な結果でした。

Tailslideは逆方向に行ってしまいHZ(ハードゼロ)。Vert upのSnap Rollでは向きが大きく逸脱してHZ。62%、3位で終えました。むしろ、よく点数が残ったものです。



2日目は雲が広がり、風も強くなりました。どうやら前線が近づいているようです。CA州の6月とは思えない天気になりました。



続いてFreeです。



マットさんが、FreeではHZなしで飛べるよう、応援してくれました。


・・・気合を入れたFreeでしたが、今度はHZを4つとり、またも散々な結果に終わりました。気に入った飛行だけを行っていれば済むAirshowと異なり、全てのフィギュアを網羅しなくてはいけない曲技飛行競技は、本当に厳しい世界です。



Sportsmanの飛行に向かうジョーさん。いってらっしゃい!



ジェンさんとLaser 200。よい飛行を!



そして3回目の飛行、Unknownです。準備はできたはず・・・ですが、どのような結果があるでしょうか。


<動画> Yuichi Takagi - Unknown

同じく競技参加のAlexiさんが現地で動画を撮影してくださいました。精度は低いものの、HZはない飛行でした。しかし減点が多く、一体点数がいくつ残るのかと、不安でした。


少しは点数を挽回できるかも?と期待しましたが、順位は変わらず3位で終わりました。この結果は残念ではあるけれど、でも逃げずにがんばりました。満足です。


Unlimitedの優勝はSonicさんでした。最後のUnknownで高得点を得て、2位から1位に上がりました。Sonicさん、優勝おめでとうございます。



Known、Free、Unknownを終えて、全競技飛行が終わりました。続いて、我々Unlimited参加者による4-minute Freestyleです。



<動画> Yuichi Takagi - 4-minute Freestyle

撮影はAlexiさんです。小さい飛行機を追いかけることは大変だったことでしょう。ありがとうございました。



<動画> Yuichi Takagi - 4-min Freestyle

開始時にタイマーの始動に失敗し、5秒の時間と約700ftの高度を無駄にしました。加えて、Tumble(1分12秒のところ)は回転不足。要練習ですが、初めてTumbleを4-minで試し、これは私にとっては大きな一歩でした。他はきれいにまとまり、満足です。


幸運にも、4-minute Freestyleでは勝つことができました。最後に自身の飛行ができてうれしいです。


さて、この曲技飛行競技会の評判はいかがだったでしょうか。この3日間に訪れた人は約650人。苦情に来た人も見かけましたが、好評のうちに終えることができたそうです。


自由の国などと形容されるここ米国も、騒音問題などで閉鎖や縮小となる飛行場は珍しくありません。「飛行場が先にあったんだ。後からやってきて、苦情を言うのはフェアじゃない。文句があるなら出ていけ」という市のメッセージに私は大賛成です。我々の自由を脅かす声があるなら、我々はそれよりも大きな声で立ち向かう。来年もぜひ参加したいと思います。


リザルトはこちら。

Result - 2022  IAC West Open Championship https://iaccdb.iac.org/contests/800



翌朝。途中までSonicさんと編隊飛行で帰ります。



<動画> Formation Flight by REDFOX and Sonic

Sonicさん、残りの飛行と、日本までもどうぞお気をつけて。今回も楽しい時間をありがとうございました。



いい飛行をありがとう。Pitts Special S-2S。


3年ぶりに競技飛行に参加して、曲技飛行競技の厳しさを身に染みて感じました。今年10月のUS National Aerobatic Championships、そして来年2023年のWAAC(World Advanced Aerobatic Championships)に向けて、練習飛行を続けます。