2021年8月30日月曜日

2021 春季整備作業 3

 ・・・と書きましたが、実は昨年春の作業です。昨年「ADS-B Out」をPitts Special S-2Sに搭載しました。





ADS-Bとは「Automatic Dependent Surveillance-Broadcast」の略です。日本語では「放送型自動従属監視」という意味になるそうですが、訳してもよくわかりません。要はGPSの信号を基に自機の位置を精確に特定し、得られた位置情報を自動的に地上局に送り、航空管制の効率化に役立てる新たなシステムです。




ADS-Bのシステムの概要  FAAのウェブサイトより


FAA.gov / Automatic Dependent Surveillance-Broadcast (ADS-B) https://www.faa.gov/nextgen/programs/adsb/

AOPA / What you need to know about ADS-B   https://www.aopa.org/go-fly/aircraft-and-ownership/ads-b


このように、航空機側から位置情報を発信するシステムがADS-B Outで、米国では2020年1月からADS-B Outの装備がClass A、B、Cなど多くの空域で義務化されました。もちろん、装備しなくても飛行自体は可能ですが、その場合は該当する空域を避ける、または到着前に事前連絡が必要となっています。これも時代の流れでしょう。素直に装備することにします。




Mode SトランスポンダとADS-B Outの双方を兼ねる、Trig Avionics社製の製品を購入しました。トランスポンダとADS-B Outの2つの装備が同時に解決です。


これまで管制に用いられていたのは、地上のSecondary Surveillance Radar(二次レーダ)と機上のTransponder(トランスポンダ)の組み合わせでした。今後もそれらは変わらず利用されますが、次第にGPSベースの完成方式に置き換わっていくのでしょうか。




その内容は・・・

左上: TA70 GPSアンテナ

左下: TT22 コントローラ

右上: TT22 本体

右下: TN72 GPSポジションソース

 以上です。

Trig Avionics https://trig-avionics.com/




小柄なGPSアンテナであっても、可能な限り機外への露出は避けたい・・・ いろいろと考えた末、GPSアンテナは上側主翼内に隠すように設置できました。主翼の素材は木とファブリック、そして塗料ですから、GPSの信号は問題なく受信します。 Good!




TN72とTT22の本体を収めるトレイを作成し、胴体内部に固定します。




ハーネスの作成。見慣れない端子を用いる形式でした。いい勉強になりました。




コントローラの画面上でADS-B Outの設定をします。

私にとって聞いたこともない、未知の言葉ばかりで悩みましたが、説明書とインターネットのお陰で何とかできました。機材に約$3,000。配線や工具に約$400。Experimental機ということもあり、比較的安上がりにできました。やればできる!



完成!




その後、Mode Sトランスポンダの検査に合格し、試験飛行でADS-B Out側も情報を精確に発信していることも確認できました。ADS-B Outの義務化は10年以上前から話題になっており、悩みの種の一つでした。無事に装備することができて、本当によかったです。



ADS-B Outを装備した航空機の飛行はいくつかのウェブサイト上で確認できます。

FlightAware https://flightaware.com/

FlightRadar24 https://www.flightradar24.com/

FlightAware N8061J Flight Tracking and History https://flightaware.com/live/flight/N8061J




2021年8月23日 N8061Jの飛行

FlightAwareの無料での情報公開は10日間までのようです。



プライバシーを考慮して飛行情報の公開を拒否する方もいますが、私は万が一の遭難などを考え、公開に賛成します。人里離れた山岳地帯を飛行しても、荒野を飛行していても、誰かに飛行を見守られているというのは心強いものです。どうぞこれからもPitts Special S-2S N8061Jの飛行を見守ってください。




アリゾナ州ウィンスロー、荒野に残る隕石のクレーター。



ところで、ADS-B Outの「Out」という言葉に疑問を感じた方もいるかもしれません。そう、ADS-B Outに加えて、ADS-B Inというシステムもあります。


こちらの装備は義務ではありませんが、他の航空機が発信したADS-B Outに含まれるTIS-B(Traffic Information Service-Broadcast)、つまり航空機の位置情報を受信して、機内の画面上で他機の様子を表示するというものです。管制側だけでなく、ADS-Bは航空機間でも情報を共有することができ、安全性の向上に大きく貢献します。


さらに、ADS-B InのFIS-B(Flight Information Service-Broadcast)を介して、飛行中に随時気象や空域などの情報を得ることができます。ADS-Bはとても便利です。




USB電源で動作するADS-B Inを自作、というほどではありませんが、試してみることにしました。・・・Pi 3B?・・・ドングル? 揃えた各部品が一体何をするものなのか、私にはさっぱりわかりませんが。


作り方はこちらから。

Stratux ADS-B - DIY/Low-cost Portable ADS-B http://stratux.me/




完成したADS-B Inを試運転・・・。あ、ライトが点灯しました!

飛行する航空機からの信号を受信して、得られた情報をWifiで送信します。PCや携帯電話でWifiに接続すると、互換性のあるソフトウェアを用いて上空を飛行する航空機の様子がわかります。




携帯電話のGPS画面

Eva006便がKing Cityの南西約15Mileを飛行中だそうです。どうぞよい飛行を!



9月のユタ州、早い冬が訪れる。


21世紀になっても小型航空機での飛行は冒険です。そのリスクが消えることはありませんが、ADS-Bによって、冒険が次第に日常に変わりつつあるようにも思います。「冒険」という言葉に危険な魅力を感じつつ、しかし安全や安心は大いに歓迎です。ありがとう。



ワイオミング州ロックスプリングス

標高6,765ft、2,062m。雲は低く、代替案も考慮して出発。

2021年8月8日日曜日

2021年7月21日水曜日

2021 春季整備作業 2

 

離陸!

写真: Hayman Tam様 2021年6月26日 San Carlos空港


何気ないこの写真にも、実はいくつもの作業の跡が残されています。今回はウィールフェアリングの作業記録です。


昨年5月の試験飛行の日は、この時期には珍しく、低気圧のために南風が吹いていました。風はRWY29に対して左から真横に15KTSほど。この飛行機は20KTSの横風でも着陸できる性能をもっていますから、いつもならなんということはない風です。しかし、数カ月に渡り行った後の試験飛行ということはつまり、この飛行機に乗るのも久しぶりということであり。すぐに私は離陸したことを後悔しました。

試験飛行は成功し、さあ着陸です。風は相変わらず強く、最初の着陸では飛行機は跳ね上がりゴーアラウンド。2回目も飛行機を滑走路に正対させることができず、またゴーアラウンド。4回か5回目あたりでやっと着陸できました。




破損した左側のウィールフェアリング(下)


技量の衰えに気を落としながら飛行機を眺めると、おや?何かおかしい・・・。なんと、左側のウィールフェアリング下側が欠けていました。

接地時にクラブアングルを処理できずに横向きに着陸して、タイヤが変形、ウィールフェアリングに当たって欠けたようです。やれやれ。

昨年1年間はエアショーも競技会もなく、このウィールフェアリングはその後も修理されないまま、飛行機と一緒に格納庫に放置されたままとなっていました。

カーボンファイバー製のウィールフェアリングは非常に軽く、一度この軽さを知ると、一般的なファイバーグラス製の製品には戻れません。新品の購入も考えましたが、値段は左右で約$1200。「こんな程度の修理は簡単だぞ。」という同僚の助言もあり、今回は修理してみました。




欠けた部分をカーボンファイバーで修復しました。多少気になる出来ではありますが、十分です。続いてサンディングを行います。






もう一つ気になるのは塗装表面です。離着陸時に小石が当たったり、うっかり足で蹴ってしまったり。このウィールフェアリングも傷が目立ち始め、以前から再塗装したいと思っていました。可能な限りオリジナルの塗装を残したいところですが、私の技量ではこの複雑なパターンを再現することは不可能です。

そしてこの時点ですでに5月上旬。6月下旬のイベントまで時間もありません。・・・どうしよう。いや、今はとにかく作業です。




続いて、こちら側もサンディングです。




サンディング。そしてサンディング。




最果ての地、King City。

ただ風だけが通り過ぎていきます。
時間は1900時、日没まで1時間。あともう少し作業しよう。




ウィールフェアリングにはエポキシ系塗料の白いプライマーを塗布しました。手前の三角形の部品ははランディングギア カバー。赤の色合いが微妙に異なるため、この機会に一緒に塗装します。

他にも再塗装したい部品はあるのですが、それらはまた別の機会に。




すばらしい艶です!




・・・と、言いたいところですが、所々に塗料の垂れが見えます。私の塗装の技量もまだまだです。




こちらランディングギア カバーには塗料の垂れはないものの、控えめに塗装したためかオレンジピール(ミカンの皮のような凹凸のある表面)になってしまいました。




遠目には分かりませんが、こうして近くで反射させると分かります。でもイベントで飛行するには十分ですから、いずれ時間があるときに磨くことにします。




表面を平らに修正し、1500番まで水研ぎし、そしてコンパウンドで磨きます。慎重に、慎重に・・・。

カラーリングについては、今回は白と紺の線を入れる時間もありませんし、「試験的に赤一色で飛行してみてはどうか?」という意見もありました。そうそう、そうしましょう。




6月23日1800時。イベントの3日前に作業終了です。




やっとできた・・・。うれしい。




赤一色でも悪くありませんが、でもどことなく寂しい感じがします。ウィールフェアリングに何かアクセントが欲しいところです。


メッセージ?
チェッカーなどの模様?
スポンサーのロゴの移植?




一晩考えて、「REDFOX Airshows」と文字を入れることにしました。少々安直な手法ではありますが、悪くはない・・・と思います。

2021年7月5日月曜日

2021 春季整備作業 1

昨年は武漢ウィルスでキャンセルになった、CA州サンカルロス空港のHiller Aviation Museum主催のイベント、「The Biggest Little Airshow」。今年の6月に行われる予定だと連絡が入ったのは年末だったでしょうか。無事に行えれば、パンデミック後のSF Bay Areaでの初めてのエアショーであり、私にとっては1年半ぶりのエアショーになります。




The Biggest Little Airshow https://www.hiller.org/event/biggest-little-airshow/?fbclid=IwAR1036A91X92Q5sDh4R8MmiUenUuCuEhlVHnSQim0JRKsqTeEl5Zi1CaPXE

注: 予定通りに終了しました。応援ありがとうございました。



今回はそれまでの整備作業の内容を載せることにします。

Item 1 キャノピー取り付け作業



以前にも話題にしましたが、2019年8月、練習飛行中にキャノピーを壊しました。原因は機内の消火器の固定が不十分だったため。私の不注意です。Negative Gの飛行で消火器が外れ、キャノピーに穴を開けてしまいました。




幸いにもPitts Specialはキャノピー前部にウィンドシールドが備えられ、単座機ではこのように後方にスライドする方式が一般的です。複座機は右側にヒンジを備えて開く方式いなっています。元々はオープンコクピットとして飛行するように設計されていた機種ですから、この数日後のエアショーと、それ以降はキャノピーを外しオープンコクピットとして飛行しました。

オープンコクピットは開放感がありますが、8,000ft近辺の巡航高度の気温は海抜高度よりも20℃ほど低く、真夏でも寒いです。また機内に吹き込む風のためにチャートを広げることも困難で、水を飲むのも気を使います。速度が比較的遅い複葉機とはいっても、6気筒ENG装備のこの飛行機の巡航速度は約160KTS、約300㎞/h。やはりキャノピーは必要です。




インターネットで検索すると、Aero Canopyという会社がPitts S-1/S-2用のキャノピーを制作販売していることを見つけました。


AeroCanopy https://www.aerocanopy.com (後述の理由からか、現在のLink先の内容は以前と異なるようです。)


1つで$626.00、予備にもう一つ購入し、FL州からの送料を含めると約$1,600でした。$1,600・・・。いや、深く考えないようにします。




私の初めてのキャノピー作業。不安が募りますが、準備はできました。勇気を出してやってみましょう。まずは破損した古いキャノピーを載せて、大きさや形を確認します。




・・・おや?どういうことでしょう。外側にも内側にも、前後を逆にしても、新旧のキャノピーが全く一致しません。

Aero Canopy社に連絡すると、「そのキャノピーはトリミングしないといけないんだぞ。お前分かっているのか?」との返答でした。いや、トリミング以前に形が全く違うのですが。




知人に相談したところ、これらはFree Blownと呼ばれる製法で作られた低品質なもので、型を用いて作られた原型のキャノピーとは別物だそうです。数日間Aero Canopy社と交渉し、返品は受け入れるが、しかし返品時の送料(約$300)は私が負担するということになりました。そして返金も現物が再販売できることが条件とのことです。やれやれ。

しかし何があったのか、その後Aero Canopy社はこれらのキャノピーに製品としての価値はないと判断し、返品の必要はないと伝えてきました。後日返金も無事に行われ安心しました。

皆さまももしキャノピーの購入の際はご注意ください。




続いて、知人にAirplane Plastics社を紹介していただき、2週間後、見覚えのある形のキャノピーが届きました。ありがとうございました。

Airplane Plastics https://www.airplaneplastics.com/




まず3㎝くらいの余裕を持たせ、大きめにトリミング。その後サンダーを用いて、数㎜刻みで削っていきます。気長に、慎重に・・・。



削って、機体に載せて、確認して。また削って・・・。



形が整ったところで、続いて取り付け穴を開けていきます。




始めてから2か月後。ついにできた・・・。嬉しくて、言葉がありません。




これでもう、飛行中の風や寒さに悩まされなくなるのでしょう。



<動画> Pitts Special S-2S Canopy動作確認


完成です。しかし、キャノピーの破損は誰にでもあり、そして私にもまた起こるはずです。予備に購入したキャノピーの作業も行います。 (いつ?)

2021年5月31日月曜日

新たな出発

 

ASU(Aviation Specialties Unlimited)のメインハンガー
CA州サリナス Salinas Municipal Airport(KSNS)


皆さまご無沙汰しております。お元気でしょうか。

武漢ウィルスが世に出てから1年半になりますが、まだ世界は騒々しく。これもパンデミックの常のようで、落ち着くまでに時間がかかりそうということもまた想像した通りです。

ここCA州は新規感染者数も減り、レストラン内での飲食も許容されるようになり、少しずつ日常を取り戻しつつあります。ワクチンも若年層にも接種可能となっていますし、いずれこの騒動も歴史の記録の一つとなるのでしょう。あともう少しです。



Challenger IIのRC機


昨年は、職場の飛行訓練業務を停止し、Airshow関連のイベントもなくなり。REDFOX Airshowsの活動資金はもちろん、生活が危機的な状況に落ち込みました。

曲技飛行競技はほぼ全てがキャンセルになったこともあり、Pitts Special S-2Sの整備を終えた後、保険は地上のみのカバーとして冬眠状態としました。ずっと格納庫に置き去りの飛行機を見るのは悲しいものでした。


「ちょっと待って。収入がなくなったって、別に解雇された訳ではないのでしょう?」


例えば大手航空会社のパイロットや、飛行教員であっても大手の訓練施設に勤務しているのであれば、解雇がない限りは給料の支払いはあるのでしょう。しかし我々のような小規模の飛行学校は異なります。一般的に固定給という考えはなく、賃金は全てお客からいただく飛行訓練費からの完全な出来高制です。

そういう訳で、職場を閉鎖した昨年の半年間は、雑務からのわずかな収入のみでした。有給休暇も、ボーナスなどの待遇もない、なぜそのような環境にいるのか。それは好きだから。そしてそんな私たちを必要とする人々がいるから、です。

正直なところ、私も大型飛行機に乗ってみたいと思います。旅客機やクールなビジネスジェットにも乗ってみたい。DC-3の貨物便などあこがれます。でもおそらく、これからも、少なくともあと2-3年はここで仕事を続け、また引退まで曲技飛行関連の活動を続けるのでしょう。



Sean D. Tuckerの軌跡


2月。再開した飛行学校で過ごしていると、ボスから連絡がありました。彼はこれまで「Collaborators」というFormation Aerobatic Team(編隊を組んでの曲技飛行チーム)のLead(先導機)として飛行をしていましたが、今度はWing(Leadに追随して飛行する役割)の練習をしたい、そして私にそのLeadをやれという依頼でした。




〈動画〉Collaborators at EAA AirVenture 2007 (https://youtu.be/IfpTHTUsTnA


Formation Aerobaticsはもう3年ほどしていませんし、楽しそうです。そしてこれで貯蓄も回復できそう・・・ ありがとうございます。



ボスのオフィス。ご意見や苦情などは赤い電話でどうぞ。



ブリーフィングを終えて出発です。



行先は海岸近くのモスランディング。

ここは1995年にワトソンビル空港で事業用や計器飛行の訓練をしたときに飛んだ場所でした。あの頃は英語も不自由で、飛行もまだよくわからず。不安な中でこのような曇り空の中を飛んでいたことを思い出します。

あれから26年・・・ またこうして飛行していることがうれしいです。



Clover Loop, Ready, Go



<動画> Overhead APP KSNS RWY 26 (https://youtu.be/ylSwxFjy1vE



Leadの飛行はスムーズに、プリダクタブルに、コンシステントに。私もここまで集中してLeadとして飛行するのは初めてです。先ほどの動画でボスも言っている通り、Professionalとして常に精進していくことは大切です。素晴らしい機会をありがとうございます。



ところで、Formation Flight(編隊飛行)の定義とは何でしょうか。ThunderbirdsやBlue Angelsの飛行のように、翼と翼が接触間近な、極度に密接した状態で飛行することでしょうか。

いいえ。単機での飛行はVMCなら地平線を、IMCなら姿勢指示器などの飛行計器を対象に飛行します。編隊飛行とは、「LeadやWingなどを対象にして、複数の航空機が一つの航空機として飛行する」ことです。

昨年、東京都心上空を日本の航空自衛隊のデモンストレーションチーム「Blue Impulse」が見事な編隊飛行を披露し、人々にメッセージを送りました。それは、それぞれ見えないジョイントでつながれた6機の飛行機が、飛行も、管制上の扱いも、「一つの飛行機」として飛行したのでした。

今私が直面しているのは、これまで小型飛行機の飛行経験のみだった私が、各部品がフレキシブルなジョイントでつながれた、運動性能に劣る大型機の飛行を任された、というものです。そして、ボスはその「部品」になる練習をしている・・・。とてもよい勉強になります。



冬が過ぎ、青空が戻りました。今日も出発です。



お手伝いありがとうございます。再度ブリーフィングをして、準備ができたら再び出発です。今日も計3回の練習飛行の予定です。



新たにプロモーションビデオを撮影するとのことで、今日は補助に駆り出されました。ボスも来季のスポンサー獲得に精を出しています。いつも電話会議やメッセージのやり取りをしていて、私の3倍くらいの仕事をこなしています。



ボスがAirshowで使用したこのChallenger IIIは、2019年の活動を最後に引退しました。すでにTX州の博物館に運ばれ、そこで50年間展示されることになっています。



2018年5月、NY州までのフェリーフライト、一日の飛行を終えて。私はChallenger IIIのフェリーフライトを数年行いました。北米大陸横断を小型機で、それも何度も行った人はそういないのではないでしょうか。



LeadはPiper Seneca III、右翼はExtra 300L。一緒にあの雲をこえよう!

これだけ距離が離れていても、やはり指標となるのはLeadとWingの機体です。もちろん、近いほどStation Keeping(機体同士の位置関係の維持)は楽になり、また航空管制上は「全機が1 NM以内にあること」とありますが、Formation Flightとは、機体間の距離が問題なのではありません。そこにあるのは各機の役割と契約です。



Challenger III、いつか博物館に会いに行きます。元気で。



今朝は山の上には雪が見えます。3月になってもまだ時折低気圧が通り過ぎます。

こんな日は飛ばずに帰りたくなりますが、ボスは「このような天気だからこそ飛ぶんだ」と言います。確かにその通りです。VMCで飛行できる気象なら、練習空域に飛行できる状況があるなら。そして安全が維持できるなら行くべきでしょう。

雲を避けて、Boxの中のポジショニングを維持して、曲技飛行のシークエンスを行う。私は時折オーバーロードとなり、判断が怪しくなりました。こうして人は成長していくのだと、今更ながら思いました。



今日はファンの男の子と一緒にアクロバットの体験飛行だそうです。いつも我々の練習飛行を家から見ていると言っていました。嬉しそうです。



私が初めてアクロバット飛行機に乗った時のことを思い出します・・・。今の彼の嬉しさはそれ以上でしょうね。




近く、「Tutima Academy of Aviation Safety」のブランド名を変更し、職場の改編を行う予定です。Pitts Special S-2BとS-2Cの2機は売却され、いずれこのExtra 300Lも離れる予定です。寂しくなります。

次に職場にやってくる飛行機は、今話題の新鋭機、Game Composites社製のGB1 GameBird (GB1 GameBird | Game Composites)。計画では2機がここサリナスまたはキングシティーにやってくる予定です。

ところで、このGB1・・・ 個人Blogですから正直に書いてしまいますが、私には「全く関心のない飛行機」です。こんな飛行機で、曲技飛行の基礎をどう伝えるというのか。Advanced Aerobaticsができたところで何の意味もなく、ただ虚しさが残ります。

そうは言っても私も「大人」ですから、いずれこの飛行機を「褒め称える」ようになるのでしょう・・・。

もう一つ残念なことがありますが・・・、来年2022年以降の活動が楽しみです。