2014年11月9日日曜日

Last Run


さよならヒューストン


Wings Over Houstonの次はCO州Denverへ向かいます。本来ならCA州へ直接帰るところですが、Challenger IIIをしばらく現地の博物館に展示するそうです。




寒冷前線が接近中。一帯は雲が低いです。3,000 ft AGLから4,000 ft AGLの高度で、雨や雲を避けて飛行を続けます。




追い風の影響で、予想よりも距離を稼ぐことができました。TX州Childress Municipal Airport(KCDS)で燃料補給。雨が降り始めました。すぐに出発です。




お腹が空いたので昼食を。この飛行機はRoll方向の静安定が負、Pitch方向の静安定は中立。一時たりとも操縦桿から手が離せず、長距離飛行には疲れる飛行機です。




寒冷前線の真下を通過中。ここの天候は回復しましたが、目的地の天候が悪化しています。外気温度と雨に気をつけながら、先を急ぎます。




雲の下をくぐって、CO州Centennial Airport(KAPA)に到着。先に到着していた仲間が迎えてくれました。気温は+3度C、雪の匂いのする空気は、千歳の航空整備学校時代を思い出させます。




最後の数Milesの悪天候を乗り切った安堵感。Senecaのパイロットを務めたチャドさんは今年でTeam Oracleを離れ、Corporateの仕事へ移ります。GAからAirlineまで幅広い経験を持つ彼は、的確な状況判断を下し、悪天候でも飛行を預けられる仲間です。




夜10時。格納庫へ戻って最後の仕事にかかります。ここから20 Milesほど離れた博物館へトレーラーで陸送です。






深夜まで待って、2車線の道を塞いで移動します。気温-1度C。寒い。




パトカーも警備に加わり、ゆっくりと進みます。




Wings Over The Rockies Air & Space Museum(http://wingsmuseum.org/)に到着し、外した部品を再取り付けします。勝手の判らない私は見ているだけ。




グライダーからF-104、B-2、ファンの方が作ったStar WarsのX-Wingの5/8サイズの模型までありました。少し見て回りたいところですが、疲れと眠さが限界です。お休みなさい。


翌朝。TVをつけたら、飛行機の陸送の話題がニュースになっていました。


 PLANE MOVED THROUGH DENVER OVERNIGHT























私のTeam Oracleのサポート活動はこれで終わりです。来年度は新たな仲間が加わるということで、私も一安心。後は彼らに引き継いで、私は再びフライト インストラクターの職務に戻ります。どうぞよろしくお願いします。

2 件のコメント:

taka MAD さんのコメント...

再びフライト インストラクターの職務に戻るというのは、キングシティーでインストラクター専業となるのですか。それともAttitude等、ほかのフライトスクールへ移動するのですか?

Yuichi Takagi さんのコメント...

高野さん
少なくとも、あと2年くらいはKing Cityの住人でしょうね。格納庫も税金も安くて助かります。ただ、CitabriaやWACOなどの訓練希望にも応えられるよう、Attitude Aviationでも訓練が行えるようにしてあります。